<<06  2018,07/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
事業とは何か
ドラッカーの「マネジメント」では「われわれの事業は何か。何であるべきか。」を定義することが不可欠であると記されています。

この答えを少なくとも一つは出して置かなければ、上から下に至るまでの意思決定が一気通貫しない。

矛盾した企業の定義に従って行動すると、お互いの違いに気づくことなく、反対方向に向かって努力を続けることになる。…ですよね〜。

ベクトルが異なると前に進みません。綱引きでも、綱が一直線でないとお互いの力が100%伝わりません。

さて、われわれの事業は何か?ドラッカーは、「その問いに答えるには、顧客からスタートしなければならない。」としています。

顧客を満足させることこそ、企業の使命であり目的である。したがって、「われわれの事業は何か」との問いは、企業を外部すなわち顧客と市場の観点から見て、初めて答えることができる。」と。

ということは、顧客を知ることが必要になりますね。

このあたりは、マーケティングの分野に数限りなく事例がありますし、今の時代では当たり前のことだと思います。

顧客に満足を与えなくなり、業績に貢献しなくなったものの体系的な廃棄も重要。とも記されています。全てが顧客中心です。

この章の最後に、「事業を定義することは難しい。苦痛は大きく、リスクも大きい。しかし事業の定義があって初めて、目標を設定し戦略を発展させ、資源を週痛し、活動を開始することができる。業績をあげるべくマネジメントできるようになる。」としています。

ずーと前に顧客に焦点を当てて事業運営を説いたドラッカーですが、今の時代でもその思想は当てはまっていると思います。



関連記事
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

橋本隆一

Author:橋本隆一
企業の成長をお手伝いしながら、自分自身も成長できることを願っています。虚心坦懐、素直に受け入れ学ぶ姿勢を持って、思うところを綴っていきたいと思います。

最新記事
Amazon
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。