<<06  2018,07/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブランドについて
えびせんタルタル

かっぱえびせんのタルタルソース味をかってみました。期間限定につられて…。

正直、失敗したなー。先日、一平ちゃんのショートケーキ味を試して失敗したばかりなのに懲りないなー。

こうして、なんだか試したくなる心理ってなんなんでしょう。これが、ブランドの力なんでしょうか?ブランドってなんだっけ?

ブランドの定義を調べてみると、ちゃんと米国マーケティング協会の定義があります。

「ブランドとは、製品やサービスの生産者や販売者の商品を識別する、名称、記号、シンボル、デザインまたはそれらの組み合わせ」んー、なんだか分かるような分からないような?はっきり見分けられるってことですかね。

どんなメリッットがあるんだっけ?

■出所表示機能
 供給者がはっきりしていること。供給者に信頼があることが前提です。

■品質保証機能
 かっぱえびせんなら一定の品質が期待できるってこと。

■広告宣伝機能
 イメージを向上させる機能です。

■ブランド・エクイティ
 バッタものじゃないという信頼感が価格にも生かされることです。

要はブランドに対する信頼感と安心感で、未知の味への不安感が払拭されるのかもしれないですね。

しかし、なんで新フレーバーはオリジナルに勝てないんでしょうかね。”かっぱえびせん”しかり、”日清カップラーメン”しかり。コカ・コーラも糖分さえ気にしなければ、ゼロよりはオリジナルが美味しいですもんね。

ちょっと浮気させて、オリジナルの美味しさを再認識させる戦略かな?人間なら破局なのに、許してくれるオリジナルの懐の深さがその魅力なのかも?なんてバカなこと考えて今日は寝ます。

関連記事
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

橋本隆一

Author:橋本隆一
企業の成長をお手伝いしながら、自分自身も成長できることを願っています。虚心坦懐、素直に受け入れ学ぶ姿勢を持って、思うところを綴っていきたいと思います。

最新記事
Amazon
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。