FC2ブログ
<<10  2018,11/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
内定長者?
日経の就活学生を扱った記事に「内定長者」という単語がありました。

そんなに売り手市場なのかと記事を読むと、私が想像する内定長者とは異なるようです。

今の学生は平均で2、3社の内定をもらっているそうです。

どのくらいから長者と呼ぶのか分からないけど、多ければいいというわけでもないですよね。

行けるのは一社なのだから…。

バブル崩壊前の就活を経験した私の「内定長者」のイメージは、単純に就活を通してお金持ちになること。

内定は関係ないので「就活長者」という方が正しいかも。

その頃は、超売り手市場で、会社の訪問は、交通費・宿泊費は訪問先の企業持ちでした。

面接日には会社の人がホテルまで迎えにきて、帰りには「荷物になって申し訳ありません」と言われてお土産を渡されるようなことも。

地方の学生は、1日に数社訪問し、各企業に往復の交通費と宿泊費を請求していたものです。

飛行機ですから、数万円×企業数を1日で稼ぐのです。

且つ、行くとこ行くとこで内定が取れる。(もちろんレベルに合わせて活動していればの話)。

就活氷河期を経験した人には申し訳ないような時代でした。

今の学生さんは、売り手市場と言いながらも、私たちの時代より真剣に就活に取り組んでいるのでしょう。

私らの時代はどこか狂っていて、単純に年収の多い企業を選んだり、いい加減な就活をした学生も多かったように思います。

ゆとり教育云々を割り引いても、今は、私らの頃より優秀な学生が多いのかもしれません。

ただ、内定はゴールではない。バブル崩壊やリーマンショックで翻弄された私らを反面教師として、社会を生き抜いてくれることを願います。



関連記事
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

橋本隆一

Author:橋本隆一
企業の成長をお手伝いしながら、自分自身も成長できることを願っています。虚心坦懐、素直に受け入れ学ぶ姿勢を持って、思うところを綴っていきたいと思います。

最新記事
Amazon
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。