FC2ブログ
<<08  2018,09/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
負を正の成果に変える
梅雨入りしたのに連日晴天。ちょっと汗ばむ陽気が続いています。

これから気になるのが臭い。気にはするけど、自分では分からなかったりするものです。

で、思い出したのがいい臭いのするゴミ収集車の話。TVで見たのですが、ゴミにある液体を噴霧することでいい匂いに変えることができるとのこと。

実は、いい香りの香水も一部臭い匂いを含んでいるそうで、その臭い部分を取り除くとなんだか気の抜けた香りになるとか。

ゴミ収集車の例は、その気の抜けた香りをゴミと混ぜることでいい香りになるというカラクリなんだそうです。

ということは、その気の抜けたデオドラント商品があれば、汗をかいてもいい匂いを発するようにできるのでは?

って、専門家はとっくに取り組んでますよね。そんな商品が出回っていたら教えてください。

スメルハラスメントなる言葉もあるようで、するのもされるのも嫌なハラスメントですからね。

さて、組織や社会でも、一部嫌な部分が存在することで全体が最適化されている例があるのではないか?と思う次第。

どうにもならない頑固爺いがいることで、物事が慎重に進められるとか。

ミスが多い新人に合わせてオペレーションマニュアルを作成することで、誰でも実行できるオペレーションマニュアルが作成されるとか。

負の部分を吸収して、最適化されるビジネスって何かないかなぁ。なんて考えています。



関連記事
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

橋本隆一

Author:橋本隆一
企業の成長をお手伝いしながら、自分自身も成長できることを願っています。虚心坦懐、素直に受け入れ学ぶ姿勢を持って、思うところを綴っていきたいと思います。

最新記事
Amazon
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。