FC2ブログ
<<11  2018,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タカタの民事再生法
負債総額一兆円超。製造業戦後最大の倒産額だそうな。

すごいな〜。一兆円超えても再生を目指すんだ〜。

そもそもの問題は、タカタ製エアバッグの異常破裂事故。

法律のお勉強をしておくと、確か製造者責任法(PL法)

製品の欠陥によって生命、身体又は財産に損害を被ったことを証明した場合に、

被害者は製造会社などに対して損害賠償を求めることができる法律…

となっています。

も少し具体的に言うと、

製造業者等が、自ら製造,加工,輸入又は一定の表示をし、引き渡した製造物

の欠陥
により他人の生命、身体又は財産を侵害したときは、過失の有無にかかわ

らず、これによって生じた損害を賠償する責任があることを定める。また製造業

者等の免責事由や期間の制限についても定めがある…のだそうです。

ここで対象となる製造物とは、「製造又は加工された動産」だそうで、不動産、

未加工農林畜水産物、電気、ソフトウェアといったものは該当しないそうです。

え〜ソフトウェアって対象外なんだ〜。なんでだろ〜。調べたら、

この法律でいう「欠陥」というのは、製造物が通常有すべき安全性を欠いている

こと
をいうそうで、安全性にかかわらないような単なる品質上の不具合は、この

法律の賠償責任の根拠とされる欠陥には当たらないと言うことでした。なるほど、

ソフトウェアで怪我はしないか。

ついでに民事再生法についてお勉強。

よく聞くのが、民事再生法と会社更生法。両者の大きな違いは、経営層が残るか

去るかということです。民事再生法は、経営陣がそのまま残って再建を行うことが

できるけど、会社更生法は、裁判所が選任した管財人しか再建業務を実施できず、

倒産の当事者である会社の経営者が再建にタッチできないのです。経営の失敗なのに

経営者が残るのは違和感を感じますが、債権者が納得した場合にスピーディーに再建

に向かう手段として民事再生法が適用されるようです。会社更生法は、債権者が多く

複雑で、株主にも泣いてもらって、一旦ゼロスタートするしかない状況で選択される

ようです。

そういや、スカイマークは民事再生法で日本航空は会社更生法でしたね。

関連記事
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

橋本隆一

Author:橋本隆一
企業の成長をお手伝いしながら、自分自身も成長できることを願っています。虚心坦懐、素直に受け入れ学ぶ姿勢を持って、思うところを綴っていきたいと思います。

最新記事
Amazon
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。