FC2ブログ
<<08  2018,09/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
運送業の運賃をあげる波
最近、クロネコヤマトの値上げ宣言をはじめ、運送業界で対価を見直す動きが

広がっている。国土交通省によれば、運転手による荷造りや荷役業務の4割に

対価が支払われていないらしい。多頻度小口納品が求められている現代では、

大きな問題だろう。荷造りや荷役作業は不要なら省かれる業務のはず。必要だ

から存在するわけで、明らかに付加価値を産む作業だろう。

しかし、最終消費者には感じられない付加価値で商品価格には反映させにくい。

消費者も送料別と送料無料では、送料無料が選ばれやすい。送料無料と言いな

がら、送料込みの値段設定になっているにも関わらず、無料の謳い文句に引き

込まれる。価格競争する荷主からすると、消費者に見えない付加価値は価格に

反映させにくいから、やっぱり送料を省きたくなる。まずは、消費者に輸送費

の価値を認めさせるべきではなかろうか?

送料無料及び送料込み表示禁止。必ず運賃を表示すること。サービスに対して

当たり前の対価は払うべきだ…と。無駄かなぁ?無駄だろうなぁ?それが、自

由競争なんだから。私は運送業界の人間ではないし、熱くなる必要もないので

傍観します。




関連記事
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

橋本隆一

Author:橋本隆一
企業の成長をお手伝いしながら、自分自身も成長できることを願っています。虚心坦懐、素直に受け入れ学ぶ姿勢を持って、思うところを綴っていきたいと思います。

最新記事
Amazon
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。