FC2ブログ
<<02  2017,03/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  04>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「てるみくらぶ」内定者受け入れ、企業が名乗り
捨てる神あれば、拾う神あり。

最近世間を賑わしている「てるみくらぶ」は神ではないが、やっぱり拾う神はいるんですね。

業界への信頼を危惧して、内定1名を決めていた航空券予約サイトを運営するアドベンチャーが、なんと10名を採用することを決めて面談を行うとのこと。

あっぱれ。しかし、いきなり1名→10名とは…。どんな収益構造になっているんだろうと、心配になります。余計なお世話か。

それより、びっくりしたのは、弁護士法人アディーレ法律事務所。

面談もせずに内定を出すらしい。頼めば入れてくれるなんて…どんな思考回路になっているんだろうと…これまた余計なお世話。

入社直前で内定を取り消された学生にとってこの2社は神に違いありません。

未来ある若者に差し伸べられた2社の手は、まさに神の手です。

あと、海外に取り残されたツアー客に神の手は差し伸べられるのか?規模が規模だけに難しいでしょうね。

可哀想ではあるけど、世の中にある詐欺事件被害者全てを救済していない以上、この件だけ救済しますでは納得できませんからね。

それに、どちらを救済するかという選択肢がある場合、どう考えても社会的弱者である新卒者の救済の方がイメージが良い。

となると、今回のような選択しかない。残念だが、てるみのいう通りの対応になるのかもしれません。

さて、詐欺師の社長はどう料理すればいいのか…。騙されて外国に取り残されたツアー客の集団に放り込んで、自力で帰ってこれるか試してみたいものです。


スポンサーサイト
どの程度肉体に負荷をかけると健康でいられるのだろう
久しぶりに、体を動かして筋肉痛状態です。

運動不足を感じたので、ちょっと体に負荷をかけて見たら、このざま。

アスリートじゃないので、鍛えまくる必要はないのですが、余計なお肉は取り除きたいものです。

一方で、スポーツをすると不健康になると主張される方もいるし、運動だけでもないのでしょう。

やっぱり、健康と食事は切り離せないようで、腹6文目が良いそうです。医食同源ってことでしょう。

散歩程度でいいのかなぁとも思うのですが、散歩程度で痩せている人を見たことないし、どの程度の運動が適切なのか悩むところです。

でもまぁ、運動すれば痩せるってことはないことは正しいと思います。肉体労働おをしている人が必ず痩せているわけではないし、むしろ太っている人が目立つようにも感じます。

少なくとも、筋肉痛になる程の運動は正しいはずがないでしょう。

とにかく、運動と食事で体重をコントロールして、人間ドッグの異常値をゼロにしたいです。

まずは、適正体重になることを目標にします。


城主になれる、熊本城。
熊本地震で大きな被害を受け、立ち入りが制限されている熊本城の桜の名所が一般開放されました。

 桜の名所として知られる「行幸坂」が開放されるのは熊本地震の後、初めてで、訪れた人たちは被災した城内を眺めたり写真を撮影していました。
 訪れた人:「まだ、こんなにひどいんだなとびっくりしました」
 行幸坂の開放はこの週末と次の週末にも予定されています。…テレ朝News

http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000097226.html

今年の花見は、どうなるかなぁと心配してましたが、ちょっと明るいニュースでした。

改めて、地震のすごさを振り返ると、震度7と震度6強が各2回、6弱が3回、5強が5回、5弱が12回。半年の間に起きた震度1以上の地震は4,081回。

5弱以上は、さすがにビクッとする規模です。それが24回も起きているんですから肉体的にも精神的にも辛い思いをした方が大勢いたことだと思います。

熊本城の復旧には634億円と20年の修復期間が必要です。形あるものは壊れるんだから、直す必要あるの?という意見もあるかもしれませんが、熊本県民からするとやっぱり熊本城はシンボルなんです。

きっと熊本城の修復の進み具合とともに、熊本県民は勇気が湧いてくるんです。

今年の熊本城マラソンでは、天守閣の瓦のかけらが参加者に配られました。それをもらっただけでもグッとくるものがあります。

観光客には完全版の壮大な熊本城を見て頂きたいけど、今の熊本城も是非見て頂きたいなぁと思います。入場できませんが、周囲からでも崩落した石垣や、崩れかけた櫓がたくさん見れます。痛々しい姿ですが、重機もない時代によくこんなものできたなぁと、その偉大さを実感できます。

震災時にたくさんの方から支援をいただきましたし、ふるさと納税でも支援いただいています。お返しできるものがあるとしたら、この熊本城の姿を実際に見ていただくことではないかとも思っています。

崩れそうな櫓

こんな姿の熊本城は、ある意味今しか見れないでしょう。この姿を見るのは、被災地を面白半分で見るのとは違うと思います。「じゃぁ、観光コースにすればいいじゃないか」と言われそうですが、私にはそんな力がないので突っ込まないでくださいね。個人的には、そうしてもいいのでは?と思うのですが。

それと、ご存知ない方のためにお知らせします。

熊本城では「一口城主」を募っています。一口一万円で城主になれるんです。ちゃんと城主証が発行されて、城主として登録されます。お殿様、お姫様になれるんです。
http://wakuwaku-kumamoto.com/castle/fukkou

月の土地を買うのとは違いますよ。実際に見ることができますから。
http://www.lunarembassy.jp/osusume/osusume?utm_source=adw_osumo&gclid=Cj0KEQjwzd3GBRDks7SYuNHi3JEBEiQAIm6EIwwoTbfruDV8xvtCxllgjs8iVCdicAguAizT-0JCA8EaAuCh8P8HAQ

ちょっとしたロマンです。オススメします。


 










プロフィール

橋本隆一

Author:橋本隆一
企業の成長をお手伝いしながら、自分自身も成長できることを願っています。虚心坦懐、素直に受け入れ学ぶ姿勢を持って、思うところを綴っていきたいと思います。

最新記事
Amazon
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。