FC2ブログ
<<12  2017,01/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  02>>
准高齢者って

日本老年学会などは5日、現在は65歳以上と定義されている「高齢者」を75歳以上に見直すよう求める提言を発表した。医療の進展や生活環境の改善により、10年前に比べ身体の働きや知的能力が5から10歳は若返っていると判断した。

65歳以上を「支えられる側」として設計されている社会保障や雇用制度のあり方に関する議論にも大きな影響を与えそうだ。

前期高齢者とされている65〜74歳は、活発な社会活動が可能な人が大多数だとして「准高齢者」に区分するよう提案。社会の支えてと捉え直すことが、明るく活力ある高齢化社会につながるとしている。

以上、日経新聞記事より。

高齢者を支えきれず、高齢者の一部を支える側に回しちゃおうってことでしょうか?なるほど〜と思った次第です。

若い世代からすると大歓迎でしょうし、該当年代にしても「若い」って言われるのは悪い気がしない?いいとこ突きましたね〜。

国勢調査で確認すると、准高齢者に当たる人口は1千7百万人。なんと全体の13.8%。これが非生産人口から生産人口に移るのだからすごいことです。

(生産人口/非生産人口)が1.5倍〜2.9倍になるインパクト。(この数字が2倍を超えると経済成長が加速するという説もあり)

いいことづくめのように見えますけど、准高齢者に求人があることが前提です。大げさに捉えたらいけないんでしょうね。

そもそも高齢者が生産しないお荷物と捉えることも疑問です。蓄えたお金をきちんと使っていただけるのなら大歓迎ですから。

准高齢者という言葉ができて、この先どう変わるか注目ですね。中年を壮年と言い換えた時とは違い、今回は社会保障制度が連動しそうですから。


スポンサーサイト



プロフィール

橋本隆一

Author:橋本隆一
企業の成長をお手伝いしながら、自分自身も成長できることを願っています。虚心坦懐、素直に受け入れ学ぶ姿勢を持って、思うところを綴っていきたいと思います。

最新記事
Amazon
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR