FC2ブログ
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>
副業、社員の力アップ 本業と相乗効果も

副業、社員の力アップ 本業と相乗効果も
(日経新聞電子版20161219)
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO10815070Y6A211C1TJC000/

本業に集中してもらうために副業を禁止している企業は多い。その

メリットとデメリットを想像すると

副業を禁止とする企業側のメリットは

①本業に集中してもらえる
②企業内の情報が漏れにくい
③従業員の管理がしやすい など

デメリットは、

①近視眼的な社員が増える
②本業以外でネットワークを持たない社員が増える
③副業を禁止するので、最低限の生活レベルを維持する報酬が必要

などかな?

では、副業を認めた時の企業側のメリットは?

①社員の視野が広がる?
②社外のネットワークが広がる?
③社員のモチベーションが高まる?
④副業を認めるので、社員の最低限の生活を保障する必要がない?

んー、可能性はあるけど全てクエスチョンマーク付きです。

逆にデメリットは、副業禁止のメリットの裏返し。

①本業に集中できなくなる
②情報漏洩のリスクが高まる
③従業員の管理がしにくくなる

これは、確実のような気がします。

さて、副業禁止の場合の従業員のメリットは、ん〜

①副業を許さないのだから最低限の生活レベルを保証してくれる?

という期待感だけですかね?

では、副業を認めた時の従業員側のメリットは、

①副業で収益が得られる
②本業で活かせないスキルを活用できる
③本業では得られないネットワークが築ける

デメリットは、ん〜?

①副業を許すのだから最低限の生活レベル保証は無い?

もともと許されてないのだから、メリットの方が大きい気がします。

企業側はリスクが拡大し、従業員側にはチャンスが拡大すると感じ

ます。

従業員側に立つと、副業解禁を生かせる人もあれば、そうで無い人

もいるでしょう。資格を持ちながら、会社に縛られている従業員に

はチャンスかもしれません。総務で働く行政書士や企業内中小企業

診断士とか、外に出れば先生と言われるような資格を持つ人。独立

する勇気は無いけど、独立に向けた準備をするにはいい環境だと思

います。会社にとっても、外でスキルを磨いて本業にフィードバッ

クされるのであれば有益でしょう。ただし、きちんとした評価と報

酬が提供されないと、独立志向に拍車がかかります。副業解禁によ

る企業側のメリットを確実にするためには、選ばれる魅力ある企業

であること。そのことが、より一層大切になるのでは無いでしょう

か。終身雇用が崩れ、非正規社員が増加し、限られた正社員も流動

的になる時代です。人財を活用し、きちんと処遇することが競争優

位性の確立に欠かせない要素になりそうですね。

スポンサーサイト



プロフィール

橋本隆一

Author:橋本隆一
企業の成長をお手伝いしながら、自分自身も成長できることを願っています。虚心坦懐、素直に受け入れ学ぶ姿勢を持って、思うところを綴っていきたいと思います。

最新記事
Amazon
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR