FC2ブログ
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>
コンテナ物語
コンテナ物語

「コンテナ物語」を読んだ感想です。

映画「タイタニック」の始まりの画を思い出しました。昔は船荷の積み下ろしを

人がやっていたんですよね。今はコンテナになって自然な変化に感じますが、よ

くよく考えると革命的変化なんだ~と云うことを、詳しくお話した本です。いろ

んな利害関係で思うように進まない様子など、導入までのプロセスを教えてくれ

ます。大変革には障害も大きいんですね。具体的には、仕事が奪われる港湾労働

者達、コンテナ運搬に向けた設備投資を避けたいトラック業界、港湾施設の反対

やストライキなど、変わったら困る人がたくさんいたんですね。コンテナリゼー

ションやパレタリゼーションが、流通を大きく変えたことは理解していましたが、

大変な大変革であったことが良くわかります。プロジェクトXのナレーションを入

れたくなるような内容でした。ここから学ばなくてはいけないですね。いろんな

業界に、最適化できていないことがあるのかもしれません。業界と省庁の間や、

業界の企業間、あるいは企業単体の中にも、出来ない理由がいろいろあると思い

ます。でも、その変革の先に素晴らしい世界があるのなら、それを説いて調整す

る仕事をやってみたいものです。

いい本でしたよ。お勧めです。できれば「ザ・ゴール」のように、物語風に作ら

れていたらもっと面白く読めたのではないかと思います。

スポンサーサイト



プロフィール

橋本隆一

Author:橋本隆一
企業の成長をお手伝いしながら、自分自身も成長できることを願っています。虚心坦懐、素直に受け入れ学ぶ姿勢を持って、思うところを綴っていきたいと思います。

最新記事
Amazon
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR