FC2ブログ
<<07  2018,08/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
家族の心を蝕むガン
小林麻央さんの冥福をお祈りいたします。

芸能ニュースに興味はないけど、小林麻央さんの闘病状況だけは気になってました。

どちらかというと海老蔵さんの心境にシンクロするものがあってのことです。

乳がんは、ほかのガンと違って本人に告知されます。見た目にわかる変化があるため伏せようがないからなんですね。

どんな病気でも病気と知らされると本人はショックを受けますよね。

もちろんガンは患者の精神面を蝕みます。と同時に家族の精神面を蝕むのがガンなんです。

むしろ本人が気丈に振る舞う場合が多いんじゃないかな?

私なんか、一人うどん屋でうどん食べてる最中に涙が止まらなくなったり、動揺が酷かったことを思い出します。

だから今日の会見での海老蔵さんがすごくカッコよく見えてしまいました。

特別ファンってわけでもないのですが、会見での誠実でしっかり答える姿に感じるものがありました。

そんな、心境ではなかったと思いますよ。同じ体験をした身で感じたことです。

この気持ち、体験しないと分からないだろうなぁ。みんな分かったら、マスコミの節操のなさも見なくて済むのに。

残されたご家族が、気持ちの面で立ち直られることを切に願います。


スポンサーサイト
暗いところで待ち合わせ
久しぶりに小説を読みました。

「暗いところで待ち合わせ」というサスペンスのようなヒューマンストーリー。

盲目の女性の部屋に、身を隠した殺人容疑の男性。二人の心とその変化を中心に物語は進みます。

非常に稀有な状況の中、隠れていることを気づかれまいとする容疑者と、気づいていることを気づかれまいとする盲目の女性。

とてもスリリングな状態から、妙な信頼感が生まれ、最後は強い絆に変化する様を見事に描いています。 心の描き方が見事なので、ネタバレしても問題ない、ちょっと感動のサスペンスだと思います。

本のテーマとは別に、盲目の世界がどんなものかを考えさせたれました。

外を歩く恐怖。割れたガラスの片付け。周囲の支えなしに、生きていけないもどかしさ。想像することができないほどの苦難に気づかされました。

白い杖を見たときは、見えない環境に慣れていらっしゃるだろうと思い込まずに、相手の身になって行動してあげるよう心がけることにします。



学び舎解体

四年前まで勤めていた会社(本社)の前を、久しぶりに通ったら…解体中でした。

熊本地震で天井が落ちたと、昔の同僚に聞いてはいましたが、外観に変化がなかったのでまさか解体されるとは思いませんでした。

OBとしては故郷を失ったような、一つの歴史が終わったような寂しさがあります。

思えば、いろんなことを学ばせていただきました。仕事とともに成長してきました。

社歴の7割を本社で過ごしてきただけに、解体される社屋の姿に涙が出る思いです。ありがとうございました。

プロフィール

橋本隆一

Author:橋本隆一
企業の成長をお手伝いしながら、自分自身も成長できることを願っています。虚心坦懐、素直に受け入れ学ぶ姿勢を持って、思うところを綴っていきたいと思います。

最新記事
Amazon
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。