FC2ブログ
<<09  2018,10/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
懐かしい音

実家に帰省した際、懐かしい本を発見しました。

「AVANTI COCKTAIL BOOK」なんですが、AVANTIと聞いてラジオを思い出す方もいるのではないでしょうか?

そう、土曜日の夕方に放送されていたラジオドラマです。

東京元麻布のBAR AVANTI を舞台に、バーテンダーのジェイクとゲスト、あるいはゲスト同士の会話を楽しむ番組なんですが、大人の社交場というか、その雰囲気がすごく心地いいんです。

入口の扉の音、シェイカーを振る音、マドラーで混ぜる音、そしてBGM…。車のラジオで聴いているのに、バーの雰囲気を感じるんです。本当にその場にいるかのように。

で、懐かしくて、音源がないか探してみたら、YOUTUBEやPODCASTでも公開されていました。

改めて聴くと、そのクオリティーの高さに納得でした。会話の中にも、「カラン」と鳴るグラスの氷の音が聞こえているんです。この音でリアリティーを演出していたんですね。

番組終了から、そろそろ4年になろうとしていますが、復活してくれませんかねぇ。記憶に残るというか、耳に残る番組ってそうそうないような気がします。


スポンサーサイト
見えるって面白い

先日購入したコンタクトが仕上がって店舗に届きました。早速、受け取りに。

病院でつけ心地を確認して、付けたまま帰ってきました。

見え方は上々です。普通に景色がよく見えるし、手元の文字も本当によく見えます。普通のコンタクトに老眼鏡のパターンもしばらく試しましたが、付け外しの面倒さがないことがこんなにも快適だとは気づきませんでした。

思うのですが、目というものは不思議です。レンズ一つで矯正できることを考えると、シンプルな構造に感じます。ただ、見るということににも、脳が働いていることを考えるとやっぱり複雑なのかなとも。

以前、マインドマップのセミナーを受けた時のワークにこんなことがありました。

顔の横を後から前にゆっくりペンを移動させて、ペンが見えた位置で止めます。その瞬間、ペンは認識してるけど色は認識していないんです。例えば、赤いペンを見せて、気づかれないように青いペンを試して色を問うと、赤と答えるんです。

脳が、見えていない情報を勝手に補う性質を試すテストなんです。この現象をゲシュタルトと呼びます。脳が全体像を求める性質をいうんです。

ものを見るという機能が、このような脳の不思議な機能に影響を受けていることを考えると、今見えているものが正しい景色なのか?適当に補われた景色なのか?ちょと心配になりませんか?

プロフィール

橋本隆一

Author:橋本隆一
企業の成長をお手伝いしながら、自分自身も成長できることを願っています。虚心坦懐、素直に受け入れ学ぶ姿勢を持って、思うところを綴っていきたいと思います。

最新記事
Amazon
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。