<<06  2017,07/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>
元祖熊本ラーメン
元祖熊本ラーメンというとウィキペディアでは「松葉軒」、「こむらさき」、「味千」があげられているけど、熊本市を知る人の間では「こだいこ」ではないでしょうか?

昨年1月に閉店して、残念に思っていた人も多いはず。その「こだいこラーメン復活」のニュースで喜んだのも私だけではないでしょう。

残念なのは、繁華街から離れてオープンした事。呑んだ後の定番だったのに…

美味しいラーメンがまた食べられるってだけで嬉しく感じてしまう。飲食業って素晴らしいなぁって思います。

食べた人を笑顔にする仕事っていいですよね。厳しい世界だと思うけど、今度生まれたら料理人って仕事もいいなぁとも思います。

最近、ラーメン食べてないなぁ。「こだいこ」、「黒亭」、「天外天」、「黒龍紅」、「文龍」、「大黒」、「大将軍」。私の大好きなラーメン、久しぶりに食べて回ろうかなぁ。


スポンサーサイト
組織を動かすということ

豊洲の観光施設、撤退検討も=築地再開発案に懸念


都議選圧勝の小池知事ですが、豊洲移転問題では手を揉んでるようですね。

あれだけのカリスマでも、物事を進めるのに難儀するんですから、事業の推進に手こずるのは仕方ないことなんですかね?

特に人的リソースが不足しがちな中小企業では、ちょっとでもベクトルが揃わないと全く事が進みません。

ベクトルを揃えるにはどうするか?

私はとにかく紙面に落とすようにしています。思いつきで発言される空中戦の会議を何度繰り返しても、会議の度にブレまくり右往左往するだけです。

紙面やホワイトボードに落として地上戦に持ち込むことで、ブレの度合いが小さくなります。

そのとき大事なのが、意見の集約作業。アイディアを広げるのは簡単です。それより、出た意見をうまく集約する事ができるかが大事なんです。

並べ替えたり、マッピングしたり、結びつけたり…フレームワークを駆使して、意見をまとめ、組織の進むべき方向を示唆できる人を育てる、その難しさを実感しています。

まぁ、一朝一夕にはできません。やって見せて、やらせて見て、褒めてあげられる要素が増えていくように愚直にやっていこうと思います。

優秀な人材が集まる都庁の行政だって、揺らぎながら進んでいるんですから、焦らずに、確実に…。

頑張ります。



藤井四段に学ぶ
藤井四段30連勝ならず。残念ですが、29連勝だってすんごい記録のはず。

長く更新されなかった連勝記録を14歳で塗り替えるなんてねぇ。どんな世界でも稀なことだと思います。

私などが、ブログでどうこう言うのも憚られますが、加藤一二三九段との対戦で感心させられたことが一つ。

加藤一二三九段がデビュー戦の相手をされた時、加藤九段がおやつのチーズを口にした後に、ちょっと間を置いて藤井四段がチョコレートを口にした点に、先輩に対する気遣いができているなと感心したそうで…。

こんなに才能があって、実力を発揮できている状態だと少なからず天狗になりそうなもの。

ましてや、中学生くらいの人生経験なら、「世の中自分中心に回っているのでは?」と錯覚してもおかしくないと思います。

ちょっとマシでも、自分が周りから非難されないように言動に気をつけるとか、そんなものじゃないでしょうか?

相手に対して敬意を払える14歳に脱帽です。

放って置いてこんなふうに育つはずがないですよ。

きっと、家庭以外にも棋院の中にそんな教育訓練があるのでしょうね。

将棋がブームになっているようですが、将棋だけでなく基礎的な対人関係が学べるなら、最近の傲慢な大人にもいい教育になるかも。

私自身、趣味と実益を兼ねて学んで見たい気がしました。




プロフィール

橋本隆一

Author:橋本隆一
企業の成長をお手伝いしながら、自分自身も成長できることを願っています。虚心坦懐、素直に受け入れ学ぶ姿勢を持って、思うところを綴っていきたいと思います。

最新記事
Amazon
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR